-洗濯機

2009年8月アーカイブ

洗濯機の今

| コメント(0) | トラックバック(0)

【送料無料】★サンヨー 10.0kg 全自動洗濯機電解水で洗おう【税込】 ASW-E10ZA-W [ASWE10ZAW]

 

洗濯機は、今や日本では最もポピュラーの電化製品の一つです。

現在は洗濯機もかなり安くなり、経済的な意味ではほとんどの家庭が持つことのできるものになりました。しかし、住宅事情(深夜の洗濯ができない、設置場所がないなど)などの条件によっては、数世帯で洗濯機を共用したり(アパートなどに見られる)コインランドリーで済ませたりするケースも少なくありません。

洗濯機のタイプで、現在最も出回っているものは「全自動洗濯機」。これは洗濯・すすぎ・脱水の一連の作業をすべて1つの洗濯槽で行うことができるもの。かつて主流だった「二槽式洗濯機」と比べると使用する水の量が増えますが、洗濯物と洗剤を入れるだけで、後は勝手に洗濯をしてくれることから、忙しい現代人には重宝されています。

洗濯機の種類

| コメント(0) | トラックバック(0)

洗濯9kg/乾燥6kg「ジェットダンシング」洗浄・ヒートポンプ乾燥」を搭載 ななめドラム洗濯乾燥...

 

洗濯機の種類は大まかに言うと、
一槽式 → 二槽式 → 全自動 → 乾燥機付き
という流れで来ましたが、その技術は確実に進歩しています。
洗濯機の種類、変わったのは外見だけではありません。その構造においても、洗濯機の種類は変遷を遂げています。

洗濯機を構造別に種類分けすると、大体以下の通りになります。
・かくはん式:初期の洗濯機はこのタイプ。大型の羽根によって水流を作る。日本では現在業務用の大型洗濯機のみで採用されているが、アメリカでは現在もこの種類が主流になっている。
・バルセータ式:別名「渦巻き式」。槽の底部もしくは側部にある小型の羽根(バルセータ)を高速回転させて得られる水流によって洗濯をする。60年代以降現在に至るまで、家庭用洗濯機で採用されている種類。
・ビートウォッシュ式:バルセータ式の亜種とも言えるもので、波状のバルセータを洗濯物に触れさせて洗濯する。
・ドラム式:ドラムを回転させることによって洗濯する。構造上大型で重いため、主に業務用や洗濯乾燥機で採用されている。

 メルマガアフィリで月10万円を稼ぐ方法  ディズニーオンアイス

洗濯乾燥機

| コメント(0) | トラックバック(0)

【送料無料】8/24 9:59迄ポイント2倍♪パナソニック(Panasonic)ななめドラム洗濯乾燥機〈左開き...

 

洗濯乾燥機は、全自動洗濯機に乾燥機の機能を追加したもので、近年大幅に需要を拡大している機種です。

洗濯乾燥機の長所は、洗濯ものと洗剤を入れるだけで、乾燥までを自動で行ってくれるところ。洗濯乾燥機、もちろん干す手間は要りませんから、「忙しい」「干す場所がない」といった人たちには大変喜ばれています。

洗濯乾燥機は、現在は「ドラム型」が主流です。「乾燥機能付洗濯機」というものもありますが、こちらは風を当てるだけの簡易乾燥で、完全に乾燥させることはできません。あくまでも干す時間の短縮になる程度のものと考えてください。

洗濯乾燥機は、急速に改良が行われています。最近のヒット商品としては、ナショナルの「ななめドラム」が挙げられますが、まだ普及し始めたばかりなので、今後ももっと良いものが出るはずです。


全自動ステンレスドラム式洗濯機洗濯・脱水容量:8.2kg【GE】 洗濯機 WFW8300 [WFW-8300]

 

ドラム式洗濯機は、洗濯機のタイプの一つ。形状は横向きのものが多いです。
ドラム式洗濯機は、洗濯機として一般的な「バルセータ式」と違い、ドラムごと洗濯物を回転させ、「叩き洗い」するものです。

ドラム式洗濯機は、主にクリーニング店やコインランドリーで採用されていますが、近年は家庭用のものも多く出回るようになりました。

ドラム式洗濯機の長所としては、バルセータ式と比べると、
・水の使用量が少なくて済み、水道代がかなり節約できる。
・洗剤の使用量も少ない。
・家庭用に関しては「洗濯乾燥機」が主流なので、乾燥まで行える。
・洗濯時の騒音が小さい。
・洗濯物が絡まない。
・布地が傷みにくい。
といったものがあります。とはいえ、ドラム式洗濯機には当然デメリットもありますから、住宅事情や重視する機能を考えた上で、洗濯機選びをすることが大切です。

 女性の顔のむくみ  大きく稼げる情報商材アフィリエイト始めの一歩

■日立【風乾燥】5.0kg全自動洗濯機 NW-5HR-W★HITACHI【NW5HR】

 

洗濯機を買う際は、当然のことながら、いくつもの洗濯機を比較することになると思います。洗濯機は決して安いものではありませんし、一度買ったら7~10年くらいは使うものですから、しっかり比較し、失敗のない買い物をしたいものですね。

以下に洗濯機の比較のポイントの例をいくつか挙げてみますので、洗濯機購入の目安にしてみてください。
・家族の人数:どのくらいの洗濯物を洗えるかは最も大切なことです。
・種類:「全自動かニ槽式か」「ドラム式かバルセータ式(渦巻式)か」「"洗濯乾燥機"か"乾燥機能付き"か」などで、使い勝手がかなり変わります。
・値段
・重さや大きさ:住宅事情によっては設置できないものもあります。
・電気代や水道料
・音の大きさ
・扉の形状:「トップオープン」「フロントオープン」「斜めタイプ」があります。
もちろん上記以外にも、ニーズによって比較のポイントというものが出てくるでしょう。できれば複数のメーカーのカタログを取り寄せ、また複数の家電店を回って実物を見たり店員さんの話を聞いてみたりしながら比較検討するといいですね。

 顔のむくみ 原因と対策  足のむくみについて  中性脂肪対策  結婚相談所の特徴
カテゴリー
更新履歴
洗濯機の今(2009年8月20日)
洗濯機の種類(2009年8月20日)
洗濯乾燥機(2009年8月20日)
ドラム式洗濯機のメリット(2009年8月20日)
洗濯機の比較のポイント(2009年8月20日)
カテゴリー
更新履歴
洗濯機の今(2009年8月20日)
洗濯機の種類(2009年8月20日)
洗濯乾燥機(2009年8月20日)
ドラム式洗濯機のメリット(2009年8月20日)
洗濯機の比較のポイント(2009年8月20日)